10年の時を経て、物語は再び紡がれる

★第一回★ゲボ戦記再開に向けてのMTG

日時:2016/12/29
メンバー:M、Y
内容:ゲボ戦記の矛盾を洗い、時系列や起きた事柄を明確にする
決まったこと
・ブチくんの初期容姿は人型に
・”過去のガキどもが未来に飛ばされた”設定を撤廃。
・パンツ事情
 ミシェはトランクス派。→ゆるっとしたのがすき
 マテリカはボクサーパンツ派。→ぴっちりしたのがすき
・マテリカはエネルを守るために実はいろいろやっている。
 自ら代償を払っての記憶操作など
・なっちゃんが仲間に入ってくれる
・Y人ががんばってゲボキャラに恋ダンスを踊らせる
・パーティメンバー(ユト・いちご・ブチ・メロディ)が旅をはじめるまでの流れ
 ※下記参照
戦争の流れ
☆ミシェ、マテリカ同年代
☆もともと天界と地獄界は仲が悪く、小さな戦争を繰り返していた。

(1)ミシェ、マテリカが生まれる前に、歴史に名の残るような大きな戦争が起こる
この戦争によって天界では資源不足ゆえ、貧富の差が浮き彫りになり
格差社会や疫病の流行が問題になる。
戦後にミシェ、マテリカが誕生。

(2)ミシェが18歳位のとき、天界・地獄界の間でさらに大きな戦争が起こりそうになる。
スラム街で育ったミシェは『戦争反対派』として、仲間と徒党を組み
戦争を食い止め、また天界を変えようと王城へ乗り込む。
そこで仲間(シエル・サタン)を失うが、最終的に当時の女王(クレア母)と和解し
ミシェは天界側につく。

しかし、間もなく始まろうとしていた戦争。地獄界は引くに引けず戦争が起きる。
が、ミシェが間に入ることにより、そもそもの戦争の理由を再確認するために一時休戦。

それに満足がいかないシーク(天界軍の上層部にいる天界人)が暴走し、
戦闘兵器"ラーサ"※1 を使用し、天界にいた各界の兵士を巻きこみ
大幅な戦力ダウンをはかり、各界に大量の死者※2 を出す大きな戦争となった。
(※1 ラーサ…戦争のために使われた子供たち)
(※2 この戦争により、マテリカは婚約者であるエヴァリーナを失う。)

(3)
終戦後、功績を称えられ各界で高い地位についたミシェとマテリカは
長きにわたる争いに終止符を打つため、平和条約を結ぶこととなる。
戦争の背景

地獄界と天界の戦争には、シークが絡んでいた。

☆シークとは
・ゲボ戦記の悪の親玉。”悪裁鬼”のリーダー
・天界の軍人 戦争賛成派。

数千年か数万年前、永遠の命を手に入れたシーク。
(※詳細設定は未定)
『死にたいのに死ねない』
そんなシークは、世界のバランスを守っている”空天の宝玉”を破壊し、
世界が崩壊するのを待つ。
やがてバランスを崩した世界は、2000年の時を経て破滅へと傾くが、
特別な力を持つ選ばれた子供たち(ユト・いちご・ブチ・メロディ)が現れ、
世界を救うためにバラバラになった空天の欠片を集めることとなった。※3

(※3 強大な力を持つ天界と地獄界が、世界の崩壊に気づき
 空天の欠片を集めることに介入することを恐れたシークは
 戦力ダウンと混乱をはかるため、天界と地獄界を戦争に導いた。)
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバー

やーたん(魔王)
一番黒歴史をいっぱい持っている人。
詳細はコチラ

みーたん(みいこ)
黒歴史が少なそうに見えるが、実はヤバイ。
詳細はコチラ

メンバーのみ編集できます